Eggs of doctor's

医学部と予備校について

医学部と予備校について

医学部と予備校について 医学部は、日本にある数々の学部の中で、最も入ることが難しい学部であると言われています。
まず、中学時代から勝負は始まっており、中学時代にそれなりの進学校に高校へは進めないと、まず、医学部に入学することもできません。
これはなぜか?というと、医学部に入学するために必要な科目が数学ⅢCなどと決まっており、このような科目は普通の商業科や偏差値があまり高くない、低い高校では、一切授業がないからです。
そのため、どうしても入学したい場合には、偏差値が高いと言われている所謂トップクラスの特別進学コースなどの高校か、都道府県内でもトップの進学校に入学するしかありません。
そこで勉強を行い、それでも予備校が必要になってきます。
医学部に入学するための予備校というものが東京や名古屋、京都などにはあり、そのような予備校の場合には、地方などとは異なり、テレビに出てくるような有名な講師の先生が、数多くおられます。
そのため、とても授業なども分かりやすく、丁寧に、とても上手に教えてくれるため、大変、予備校に通うことは有意義なことになっています。
また、このように地方でも通っている人もおり、地方でももちろん合格出来る方もいますが、どちらかというと、東京などの首都圏に通う人が多いです。

医学部と予備校と英作文について

医師になった際には、将来的に英作文などを読む必要があります。
これはなぜか、というと、医学部の場合には、有名な日本のノーベル賞を受賞した教授などがおられるように、海外に論文を発表する時には、英作文などで論文を書く必要などがあるからです。
それと同時に、医学部の試験内容では、上記のような理由などや、医学用語などとの関連性から、英語の語彙力、知識、文法、単語などがとても必要になってきます。
医学部だけで使われる、医学系の英単語なども学ぶ必要があるため、予備校などでは、このような英文のために、医師に将来なりたい生徒さんのために、英単語などを教える授業などもあります。
また、予備校では、このような英作文の作り方や、英単語の覚え方、入試で出される英単語などを分かりやすく教えてくれる他、覚え方についても工夫があり、プロの予備校の先生、よくテレビなどに出る先生やサテライトなどに出る先生、講師の方の場合には、とても覚えやすく、分かりやすい英単語などや英文法の教え方をしてくれます。
そのため、医学部に入学したい場合、合格したい場合には、このような予備校での授業がとても大切になり、通うことで、さらに合格率をあげることが可能となってきます。

情報サイト

新着情報

◎2017/7/25

社会人でも医学部に入学 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

医学部の再受験生データ の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部人気の理由とは? の情報を更新しました。

「医学部 英語」
に関連するツイート
Twitter

高知大医学部難関大英語です。今日は土佐中高の期末テストの勉強します。

Twitter高知大医学部難関大英語プロ家庭教師.馬崎@tosauma

返信 リツイート 17分前

英語の民間試験導入や医学部入試の不祥事でバタバタしているのを見ると現代日本でもやはり大学受験の存在意義というのは大きいんだなと思いますね。あらゆる分野に進む人が参加する最後の競争試験ですもんね。

TwitterTakumi-Aikawa(2019年1月19日OLSイベント@関西)@TA_legal32

返信 リツイート 19:01

ヨーロッパには比較的安価な学費で通える上に英語で学べる医学部もありますし、このままだと優秀な医師になる可能性を持つ女性や、社会経験を積んだ人材が海外に流出してしまいますね。

自己採点、数理8割英語2割で合格5割に落ちたから普通に見えない足切りもあるやろし、差別配点も独自にやってるの明白やのに、今さら医学部で問題になってるの本当に草

Twitterやまし@コミトレ参戦予定@yamashi000

返信 リツイート 17:49

大学入試関連でも医学部のことは大きく報道される。特に女子排除は財布の「女性が輝く社会」のお題目に反しているので。英語関連があまり報道されないのは政府の英語ができる人材養成の方針に「形だけは」合致することになっているから。どちらにしても、報道の忖度があると思う。

RT @lisamayu0317: 入試とは「同一試験で点数がよい受験者から合格」というルールに則るものであり,これ以外は不公正で認められない。受験機会の平等に関しても,例外を認めることはできない。よって,医学部の問題に関わらず,英語の民間試験導入も明確に誤った策である。